2016年05月12日

注目!の抗酸化成分

GW明け・・皆さんお疲れは出ていませんか??

お天気は、雨から一気に晴天へ・・
太陽の光は元気をくれますが、気になるのは紫外線。

日焼け止めや日傘などの外側からのケアも大切ですが・・内側のケアもしましょう

抗酸化作用のある食品やサプリメントを積極的に摂っている方も多いと思いますが、私自身が意識的に摂っているのは、「水素」と「水溶性ケイ素」です。

紫外線はシミだけでなく、しわ・たるみなどお肌の老化に全て影響します。
それは、紫外線を浴びる事で発生する活性酸素。

活性酸素という言葉自体が、『悪』の代名詞のようになっていますが・・それは大きな誤解です。
活性酸素にも種類があり、病原菌やウィルスと戦うという大切な役割をしているものもあります。

活性酸素の中で一番の悪者とされているのは、ヒドロキシラジカルです。
なぜならこのヒドロキシラジカルは大量に発生すると、遺伝子を傷つけてしまうからです。

傷ついた遺伝子が、自ら修復する力を失い、誤操作を繰り返す事で発生する代表的な病気は、ガンですが・・
お肌の老化も遺伝子が傷つく事により進行していきます。

このヒドロキシラジカルにどう対抗していくか・・・
そこで水素の出番です。
水素は、悪者とされているヒドロキシラジカルだけに働きかける事が分かり、大変注目されています。
それだけでなく、水素はビタミンCやポリフェノールなど他の抗酸化成分を体内で有効活用もしてくれます!!

だから、いま水素!なのです。

そして、遺伝子の修復という観点から、もうひとつお薦めしたいのは、水溶性ケイ素です。
「水素」と比べ、「ケイ素」と聞いて、ピンとくる人は少ないかもしれません。

ケイ素は、私たちのお肌、髪の毛、爪、骨、筋肉、臓器、など私達の身体を形成する大切な構成成分です。人体は、「ケイ素体」という言葉があるくらいです。
ケイ素は、海藻や穀類などにも含まれているので、食品からの摂取も可能ですが、現代の食生活だと不足しがちであり、体内のケイ素が年齢と共に減少する事が難病や老化の原因になると考えられています。

まだまだ学ぶことが沢山ありますが、知れば知るほど、「水素」と「ケイ素」は、私にとって欠かせないものになってきています。

美容と健康は、『イコール』です。
「水素」と「水溶性ケイ素」、ぜひ皆さんも取り入れて下さいね

〜臨時休業のお知らせ〜
5月15日(日)〜18日(水)
研修の為、臨時休業いたします。



posted by 蓮[Renn]スタッフ at 12:41| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。