2009年12月16日

癒しフェア in 福岡 2日目

前回もお話したように今回のフェアは規模が小さく、一日で十分に廻れたのですが・・ホメオパシー博士の由井寅子先生の講演会が2日目と判明。

せっかくの機会だからと2日目も会場に足を運びました。
ホメオパシーという言葉、まだまだご存じない方が多いようですね?!私が、初めてホメオパシーに関する本を手にしたのは、今から7年位前だったと思います。

ホメオパシーとは、同種療法とも呼ばれています。簡単に説明すると毒で毒を制する形。ものすごく大雑把な説明をすると(詳しい方にはお叱りを受けそうですが・・)玉ねぎにアレルギーがある人に、玉ねぎの成分をその分子がなくなるくらい薄めたものを与えると、その人の身体の自己治癒力が引き出され、アレルギーが改善されるといった療法です。

アレルギーを例にあげましたが、その作用起点は、肉体を超えて、精神、魂にも渡る・・なんだかスピリチュアルトークに発展してきました(笑)初めてホメオパシーの本を読んだ時もなんだか分かるような、分からないような・・1階のクリニックで振動医学を目の当たりにして、体感していてもまだまだぼんやりとした解釈しか私は出来ていないのかもしれません。

大半の人類がそうであるように、目に見える物が全て、大多数の意見が正しい、という刷り込みや社会の仕組みで育ってきた私です。すんなり受け入れられないのは、当然かな?!と最近は、居直っています。以前は、自分の頭が固いから。とか頭が悪いから。と卑下していたのですが(苦笑)

前置きが長くなりましたが、寅子先生のお話、とても興味深かったです。

テーマは、「死」や「気付き」と一見重めでしたけど、それは誰にでも訪れるものであり、違った角度から物事を捉えるきっかけにもなりました。

私が、先生のお話を聞いたこの日は、私の誕生日でもありました。またひとつ年齢を重ねました。
いくつになっても誕生日って嬉しいものなのですね。朝から沢山のお祝いメールが届いて、より一層幸せな気持ちになりました。

誕生日は、私にとって自分の過去や未来についてより深く考える日でもあります。
年々、迷いや不安は増える一方、そこでの気付きが大きな喜びを生むきっかけにもなります。

前日のIKKOさんのトークショーに、寅子先生の講演会、特に今年は内容の濃い2日間で、きっと来年の誕生日もこの2日間の事を鮮明に覚えていると思います。

来年3月27日(土)28日(日)は、癒しフェア大阪で開催です。
みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね!!


posted by 蓮[Renn]スタッフ at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。